姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2015年07月05日

言論弾圧?Youtubeが差別動画の広告収入ゼロに!保守KAZUYA氏も収入激減!引退か?

 

世間は言論弾圧(言論統制)問題で賑わっていますが、その流れはYoutubeにも来たようです。
保守・右翼系ユーチューバーのKAZUYA氏が先日こんな動画をアップした事が話題になっています。

【衝撃】YouTubeが投稿者弾圧?

ユーチューバーの生命線は広告収入なわけですが、先日からKAZUYA氏の動画の広告配信が停止してしまったようです。その数なんと全体の7割。つまりYoutubeでの収入は7割減。大打撃ですね。

他にも、某国のイージスという保守右翼系ユーチューバーも同様に広告がストップしたようで、彼の場合、動画ではなくアカウントそのものが停止したようです。アカウントが停止すれば広告収入はゼロになりアカウント再開も困難です。したがって生計が立てられなくなり引退すると表明しました。こちらの動画ですね。

【重大なお知らせ】 大変お世話になりました!

これをKAZUYA氏やコメント投稿者の多くが言論弾圧だと言ったり、更に重症な人に限っては「韓国人の嫌がらせ」だとか「Youtube(Google)は反日だ」などと言ってるわけです。

言論弾圧だとか韓国の嫌がらせだとか言ってる人に重要な事をお知らせしますね。それは・・・

単純にGoogle Adsenseの規約違反なんですよね。

差別やそれを扇動する行為は規約違反

当然といえば当然なんですが、差別行ったりそれを助長する行為はガイドライン違反です。コンテンツポリシーの禁止コンテンツに該当しますね。

嫌がらせやいじめに当たるコンテンツや、人種、民族、宗教、障害、性別、年齢、従軍経験、性的嗜好 / 性同一性に基づく特定の個人や集団への差別を助長したり、暴力を促したりするコンテンツを含むサイトに Google 広告を掲載することは許可されません。

このような動画は当然広告を出す企業のイメージの低下に繋がるわけですから、Googleも広告主も迷惑なわけです。だから規制されるのは当たり前なんです。何も最近になって始まったことではなく何年も前からそうだったんですよね。技術的な問題なのかGoogleの気まぐれなのかは分かりませんが今までは見逃してもらっていただけです。

KAZUYA氏は分かってるから過激な言葉を控えているのだと思いますが、コメントしている人達のモラルがホント低いと思いますね。差別がダメなことぐらい小学生でも分かりますからね。それなのにコメントする人達は「韓国の嫌がらせだ」「だから嫌われる」とか言ってるわけです。そういう言いがかりを付けることが差別的なのに全く自覚していないんですよね。正直「小学生からやり直せ」と言いたいです。

保守速報など『人種差別サイト』の撲滅に最も効果的な方法【拡散希望】

KAZUYA氏と某国のイージス氏の処分の重さの違い

KAZUYA氏の処分が一部の動画の広告配信停止で済んだのに対し、某国のイージス氏はアカウント停止処分ということで実質追放&ブラックリスト入りというとても重たい処分になっています。

Google Adsenseのアカウントは1人1アカウントが原則なので、ペナルティを受けていない無関係のチャンネルだろうが、自身が運営しているサイト・ブログだろうが全ての収入が根こそぎ無くなるわけです

某国のイージス氏は動画の再生総数1億回以上で、最近までは広告単価が1再生あたり0.1円と言われていたので単純計算で1,000万円以上荒稼ぎしていたと言うことになります。それがいきなり0円になるわけですからモチベーションを保つのは不可能でしょう。

で、なぜ両者の処分がここまで違うのかというと、単純に動画の内容の差ですよね。某国のイージス氏は明らかな『差別』動画だから一発レッドカードだったわけです。「嫌韓に関係ない動画まで収益化されない状況は遺憾だ」と不満を漏らしていますが、1人1アカウントのルールですから仕方ないですよね。違反して迷惑をかけてるのにその上運営に文句を言う神経が分かりません。他にも明治天皇の玄孫で有名な竹田恒泰氏の動画も露骨な差別動画が多いですからいずれはアカウント停止になるでしょうね。

逆にKAZUYA氏の動画は基本的には『批判』なんですよね。批判は誰にでも認められる権利ですからペナルティの対象にはなりません

「いやいや、KAZUYA氏も広告停止くらってんじゃん!」

と、思われるでしょう。

いくらKAZUYA氏が純粋に日本の国益を思って批判をしていても、彼の動画のコメント欄の半分は韓国への差別・誹謗中傷コメントです。つまり、差別を助長していることになるのでガイドライン違反になるわけです。

私の個人的な意見を言わせてもらうと、KAZUYA氏がペナルティを食らったのは彼の支持者のせいだと思っています。支持者がマナーを守ってコメントしていればガイドライン違反しないものがほとんどだったと思うんですよね。ネトウヨをファンに付けてしまったKAZUYA氏の落ち度でもあるとは思いますけどね。

広告配信停止はいわば警告、差別扇動を続ければいずれアカウント停止に

幸いにもKAZUYA氏はアカウント停止にはなっていない為、今後も違反してない動画や別チャンネル、ブログなどで広告収入を得られます。

しかし、今後アップする動画でネトウヨ達が差別的なコメントを残し続ければ、今度こそアカウントが停止し、完全にAdsenseによる収入は絶たれることになります。

本気でKAZUYA氏の保守活動を応援したいと考えているなら、馬鹿みたいな差別コメントを残さない事が重要です。

Google Adsenseのアカウントを復活させるのは至難の業

「アカウント停止になったら、新しいアカウント作ればいいじゃん!」

と、せこいことを考える人もいますが、これが結構難しいんですよね。

Google Adsenseを利用するには個人情報などを入力するわけですが、『嘘の情報を記入して銀行口座もそれ用に作る』なんて人もいるわけです。

そういった不正を防止する為にPINコードというものが住まいに郵送されてくるわけです。PINコード入力する事で初めてGoogleAdsenseが有効になります。

つまり、一度PINコードを受け取ったことがあれば

「あれ?この住所にはPINコード送ったな。不正なアカウントだな!」

とバレてしまうわけです。

受け取り住所を変えて、偽名を使い、口座も変えれば、バレないでしょうが、リアル犯罪者のような事を常識ある人は人はやりませんよね。

ビジネス保守であることを明らかにしてしまったことは残念

今回の騒動は「やっとGoogleが重い腰を上げたんだな・・・」というのが率直な感想なんですが、一つ残念だった事が有ります。

それは某国のイージス氏は論外として、KAZUYA氏もビジネス保守だということが明らかになってしまった事です。冒頭の動画ではこう発言しています。

こんなこともあろうかと、ニコニコのチャンネルだったり、本とか、講演とか、生活の糧を得る方法は色々あります。

これは明らかに保守ビジネスで儲けているというカミングアウトなわけです。まぁ、書籍の宣伝はこれまでもありましたが、ここまであからさまに言ってしまうと、営利目的じゃなく活動していたと思っていた人はガッカリするでしょうね。お金が絡むと情報に信頼性が無くなりますからね。マスコミなんかも利益を得るために情報操作をするわけですし。

とりあえず何らかの形で収入が得られる以上引退する予定は無さそうです。書籍や講演の告知をするにもYoutubeは欠かせませんからね。普通はお金を払って商品の宣伝をするわけですが、KAZUYA氏は自身の動画を使いタダで宣伝できるわけですから引退する理由は無いんですよね。

アメブロでも言論弾圧!?

アメブロに開設されている『なでしこりん』ブログ。これもまた保守右翼御用達で結構な人気を集めているようなんですが、アメブロ運営から突如メールが来たそうです。

Amebaカスタマーサービスからメールが来た~! 日本共産党・民青は本名を名乗りましょう! – なでしこりん(閉鎖)

お客様の管理するIDの投稿機能にて規約違反となる箇所を確認し、削除を行いましたことをご報告いたします。

と、こんな感じで『規約違反』ということで突如記事が削除されたみたいですね。

これに対し、なでしこりん氏は抗議(?)のような主張をしていて、コメント欄にも『言論の自由が脅かされる』とか『理不尽』と言っていますが本気で言ってるんでしょうか?

記事をいくつか見れば分かる事なんですが、差別やら誹謗中傷満載のヘイトブログなんですよね。だから、言論弾圧なんかではなくYoutubeと同じく規約違反なだけなんですよね。

東京新大久保の韓国人が日本人客を侮辱? コリアンタウンの食事ってレトルトだったんだ! – なでしこりん(閉鎖)

上記の記事も酷い差別記事ですよね。「どういう思考で記事書いてるのかな」って想像してみたりもするんですが、斜め上過ぎて思考が追いつきません。

ちなみにレトルトであることまで文句言ってますが、日本の外食産業なんてほとんどの店がレトルト出してることを知らないんですかね。

【追記】
あまりの酷さにアメブロ運営が閉鎖したようです。
こちらの記事では「共産党の圧力で閉鎖された」などとデマを流していますが、人種差別ブログ放置すれば企業イメージ低下にも繋がるのだから当然の処置なんですよね。削除されてしまった以上、どの程度酷い内容なのかはお伝えできなくなってしまいましたが・・・。
しかし、早くも別ブログで復活した模様です。しかもまたアメブロ。。。ホント懲りないですよね。初日の記事に関しては「差別的か?」と言われればグレーゾーンですけどね。『愛国』とか言う前に一企業の迷惑ぐらい考えてもらいたいですね。

おわりに

最後に一言いっておきますが、今回の騒動を『言論弾圧』だとか『韓国の嫌がらせ』だとか言うのは、自分が犯した罪を他人に擦り付けるような愚かな行為です。『愛国』だのなんだの主張する前に他人(他国)に迷惑をかけないことが良識ある人の務めです。

それともう一つ。有名保守系動画やブログって大半が差別的な要素が含まれているんですよね。本人に問題に無くても支持者がヘイト撒き散らしていくから、子供でも安心して見れる純粋な保守コンテンツってまず存在しないんですよね。下手にネットで愛国心を育てれば、もれなく差別意識が育つという最悪のオプションが付いてくるということなんです。

なんにせよ、これを期にYoutubeから差別やそれを助長する動画は減っていく事は期待できますね。良い傾向だと思います。

ただ、問題なのがサイトやブログなんですよね。サイトやブログにはGoogleAdsense以外の広告も掲載できるので、広告配信が停止したら別の広告配信業者に変えたりして『いたちごっこ』状態なんですよね。

特に『保守速報』なんかは裁判沙汰になっているのにも関わらず、平然と差別で荒稼ぎしているわけです。この暴挙を食い止める為にもご協力いただけると幸いです(下記の記事を拡散するだけの簡単な作業です)。

保守速報など『人種差別サイト』の撲滅に最も効果的な方法【拡散希望】

P.S.

もし、正攻法でYoutubeで稼ぎたいと考えているなら以下の書籍が役立ちます。基礎の基礎から収益化のテクニックまで幅広く解説されています。しかもYoutubeの本場アメリカの成功者が書いた書籍なのでとても身になりますよ。

海外ユーチューバーが教えるYouTube集客術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?