姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2015年08月16日

【MGS5 TPP】マザーベースとFOBの特徴・魅力、ミッションの自由度の高さを解説!

 

mgs5-tpp-fob2

いよいよ発売日の9月2日まで20日を切った『メタルギアソリッド5 ファントムペイン(METAL GEAR SOLID V: The Phantom Pain )』。世界中で期待されている超大作ですよね。シリーズ累計売上本数は4,000万本以上と、その数字がMGS5 TPPのクオリティを保証しています。

MGS5 TPP はシリーズ初の本格的なオープンワールドで展開されるゲームになっていて、序章でもある前作『グラウンドゼロズ』の200倍のマップ面積になると言われています。

広大なフィールドと重厚なストーリーは魅力的ですが、もう一つ注目されている要素として『マザーベース』と『FOB(Forward Operating Bases:前線基地)』があります。個人的には本編のストーリーが楽しめればいいやと思っていたので、さほど気に留めていなかったんですが、知れば知るほど魅力的な要素だと思うようになりました。

今回はマザーベースとFOBの魅力について解説していきます。まずは以下の動画を見てみましょう。動画を見終わる頃には「マザーベース、FOB楽しそうだな!」と思うはずです。

【公式】gamescom 2015 GAME PLAY DEMO (解説:オセロット/CV:三上 哲) | MGSV:TPP (JP) CERO [KONAMI]

マザーベース(基地)の発展のさせ方次第でゲーム性が大きく変わる!

マザーベース(基地)とはスネークの活動拠点のことです。ここで準備を整え各エリアのミッションに出撃していくわけです。

マザーベースはミッションで得た資金を使い拡張していく事が可能です、マザーベースは各プラットフォームに分かれていて、具体的な以下のようなものが存在します。

  • 研究開発班プラットフォーム
    ・・・新たな武器・兵器などを開発
  • 戦闘班プラットフォーム
    ・・・ミッションの攻略や後述するFOBの防衛に役立つ
  • 支援班プラットフォーム
    ・・・ミッションで補給物資や援護攻撃が可能に
  • 動物保護班プラットフォーム
    ・・・ミッション等で保護した動物が保護されてる

どのプラットフォームを強化していくかはプレイヤー次第。強化するプラットフォームによってプレイスタイルに大きく影響してくるので、同じゲームなのにプレイヤーによっては全く別のゲームを遊んでいるような感じになります。

ちなみにマザーベースは開発して規模を広げていく他にも、オープンワールドに無数に配置されている兵士捕獲したり、設置されている兵器やコンテナを強奪しマザーベースを増強する事も可能です。先ほど紹介した動画の最後を見ると分かりますが、マザーベースは増築していくと相当な大きさになるんですよね。ここだけでも過去作品のステージ並みの広さになるのではないかと予想されます。

また、マザーベースを拡張していくとFOB(前線基地)の作成も可能になります。これがかなり期待されているんですよね。

攻略方法はプレイヤー次第!FOBの戦略的な攻防が熱い!

FOBを作成しマザーベースの規模を拡大する事で、資金の調達などを効率的に行う事が可能になります。つまり、よりゲームを攻略しやすくなるというメリットがあります。

しかし、その代償としてFOBはオンライン上に公開されるので他のプレイヤーに侵入され物資や兵士を略奪されるリスクが出てくるんです。

そこで必要になるのが防衛です。簡単に言ってしまえばオンライン対戦なんですが、MGS5 TPPのオンライン対戦はひと味違います。他のゲームだとプレイヤー同士の撃ち合いが基本ですが、MGS5 TPPには直接戦わないという選択もあります。

MGS5 TPPのFOBオンラインでは頭脳戦も可能なんです。この手のゲームはアクションが得意なプレイヤーが有利になりがちですが、プレイヤーが直接戦わずして勝利する事も可能なんです。具体的にはトラップや人員の配置、武装のチョイスが鍵を握ります。

他プレイヤーに侵入されると「どういった経路で侵入してきたか?どういう行動を起したか?」が細かく記録されるので、それを分析しトラップや人員を適切に配置するわけです。冒頭で紹介した動画では侵入者が上手く監視カメラやトラップの裏をかいていますが、逆に防衛側が監視カメラやトラップを囮として使うことも可能なわけです。

MGS5 TPPには他にも様々な要素があるわけですから、プレイヤーのアイデア次第では無限大の攻略方法が生まれることでしょう。ルールや常識に囚われない攻略が出来ると考えるとワクワクしてきませんか?

通常ミッションの自由度の高さも魅力!攻略方法はプレイヤー次第!

MGS5 TPPは従来のオフラインミッションも魅力的です。以下の動画では同じミッションを全く異なる5つの方法で攻略しています。

  • D-Dog、D-Wakerと潜入する
  • クワイエットと潜入する
  • ヘリで強襲する
  • 遠距離からの射撃
  • 頭脳プレイ

出撃時に様々なパートナーや携行品を選んだり、潜入する時間帯を変えたり(敵の巡回ルート、配備が変わる)、ヘリや武装車両を利用して豪快に襲撃したり、相手の射程外から狙撃したり、頭脳を駆使して敵を撹乱したりとバリエーションに富んだ攻略が可能です。勿論、従来のスニーキング(隠密行動)も可能です。

また、マザーベースの開発を進めれば攻略のバリエーションは更に増えます。この自由度と戦略性の高さはメタルギアならではだと思いませんか?

【公式】GAME PLAY DEMO -自由潜入編- 日本語音声版 (解説:スネーク/CV:大塚明夫) | METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

思わず目を背けたくなるような痛々しいストーリーにも期待!

また、メタルギアと言ったらやはり重厚なストーリーですよね。とにかく痛々しくて戦争の惨さが鮮明に表現されています。ちなみに『Phantom Pain』とは『幻肢痛』のことで、一般的には事故などで失って存在しないはずの四肢に痛みを感じる事の指す言葉ですが、本作では「仲間を失うことの苦しみ」という意味も込められているようですね。

MGS5 TPPのテーマの1つに『復讐』が挙げられますが、スネークの額に生えた角がそれを表しているのでしょうか? また、リキッドスネークを始め歴代作品登場したキャラクターの若かりし頃と思われる人物が登場するのも気になるところですね。

d86efb14 7f405aff

liquid_snake

mgs5

Metal Gear Solid V: The Phantom Pain E3 Trailer

おわりに

MGS5  TPPは前作グラウンドゼロズで基本的なゲーム性や内容は予測できるので新鮮さは無いかも知れません。しかし、間違いなくグラウンドゼロズを正当進化させたものになるはずなので、シリーズファンであれば間違いなく楽しめるものになっているはずです。

メタルギアシリーズ全般に言えることですが、遊び方が固定されない事が魅力なんですよね。プレイヤーの発想力次第で無限大の遊び方が出来るというのが世界から支持される理由ではないでしょうか?

MGS5 TPP 発売まで20日を切りました。数量が限定されるであろうスペシャルエディションやAmazonだけの特典が付くバージョンもあるのでご予約・ご購入はお早めに!ゲーム史に残る名作をお見逃し無く!

メタルギアソリッド5 ファントムペイン

MGS5限定デザイン仕様のPS4本体とセットになったバージョンも発売中です。これを期にPS4を購入しようと考えている方は検討してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?