姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2015年10月19日

Yahooの責任逃れが酷い。イケハヤ氏の「コメント欄」消耗問題に思うこと

 

「Yahoo!ニュースもBLOGOSもクソまみれ。」という過激な見出しで始まるイケハヤ氏のまだ「コメント欄」で消耗してるの?というエントリー。当ブログでも何度か話題にしていますが、Yahooニュースを始めとした大手メディアサイトのコメント欄への書き込みはホント酷いんですよね。「ここは本当に日本なのか・・・?」と思ってしまうくらい世紀末感漂うカオスな状態です。

差別主義者を量産するも責任逃れを続けるYahoo! JAPAN

数年前よりは多少はマシになったとはいえ、未だに便所の落書きレベルのコメント(誹謗中傷、名誉棄損、差別など)が蔓延しているYahooニュースのコメント欄。問題なのは、そういったモラルの無いコメントほど高評価を得ていることなんですよね。

分別のある大人であれば「便所の落書き」だと割り切って考えることも出来るわけですが、Yahooは国民的メディアサイトで小さい子供からお年寄りまで見るサイトなんです。

小さい子供は「便所の落書き」を真に受けます。それを悪だと判断する基準が育っていない為です。実際ネット上には小中学生ぐらいの子供が軽い気持ちで差別発言をするカジュアルなレイシストが増殖しているように感じます。

Yahooニュースのコメントはあの「2ちゃんねる」よりも酷いと言われていますが、安全な印象がある為情報を信用しやすい環境になっているんですよね。だから尚更タチが悪いんです(2ちゃんねるみたいな怪しげなサイトよりも国民的メディアサイトの情報を信用するのは当然ですよね?)。

Yahooニュースのコメントが社会的悪影響を与えているのは明らかですが、

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

※ヤフー株式会社は、つぶやきによる情報によって生じたいかなる損害に対しても一切の責任を負いません。あらかじめご了承ください。

というような注意書きをするだけで責任を放棄しているんですよね。

FacebookやTwiiterの機能を利用しているとはいえ、コメント欄を設置したのはYahooなのだから、それにより生じる問題の責任はYahooにあるはずです。悪質なコメントが蔓延している現状を知った上でこういった責任逃れをやっているわけですから本当タチが悪いです。

当ブログのコメント欄も閉鎖

冒頭で紹介したイケハヤ氏のブログコメント欄は閉鎖されましたが、当ブログでも先月ぐらいに閉鎖しました。その理由は、コメント管理が追いつかず内容に責任が持てないからです。

アクセス数が少ないうちは1件1件読んで問題がないコメントかを判断していたんですが、アクセス数が増えてきてそれが難しくなってしまったんですよね。Yahooのようにモラルの無いコメントでも放置するのであれば継続して設置することも可能でしたが、私はそこまで無責任なことは出来ないので閉鎖したわけです。

建設的な議論ができてプラス方向に向かえば良いのですが、基本的にそういうコメントは埋もれてしまうので、そういった問題を解決しないことにはコメント欄の必要性はほとんど無いと言えるでしょう。

おわりに

いわば、サイトやブログはその人の『所有地』なんですよね。所有地で何か問題が起これば所有者にも何らかの責任は生じるはずです。だから、Yahooのように無法者を野放しにするような行為は許容してはならないと思います。

↓イケハヤ氏のブログノウハウについて書かれた書籍です。読み物としても面白くオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?