姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2017年08月21日

【ダイエット】痩せたいならタニタのスマホ連動体組成計(インナースキャン)を購入すべき理由【RD-902 / 903 / 906 / 907】

 

tanita_inner_scan_rd-903_2

ダイエットには必要不可欠と言っても過言ではない体組成計。体組成計は体重を始め、体脂肪率、筋肉量、基礎代謝量など様々な計測が可能です。

最近では体組成計も進化していてスマホと連動する商品も出てきているんですよね。いくつかその類の商品はあると思いますが、業界大手のタニタの体組成計『インナースキャン デュアル(inner scan dual)』を購入したので、今回はこれをレビューします。

最初に言ってしまいますが、ダイエットのモチベーション維持の為には買った方が良いですよ。その理由を説明していきましょう。

タニタのスマホ連動体組成計『インナースキャン デュアル』をオススメする3つの理由

私が、タニタのインナースキャン デュアルをオススメする理由は簡単に言うと下記の通りです。

  • グラフが勝手に作られるので計測結果が視覚的に分かり、ゲーム感覚でダイエットできる!
  • ゲーム感覚だからモチベーションが維持できる!
  • スマホ連動は簡単!アプリを起動してスマホを持って体組成計に乗るだけ!

要は毎日の体重や体脂肪率の変化が『簡単に!』『視覚的に!』『楽しく!』記録されていくのでモチベーションを維持出来るんですよね。

デザインも鏡面仕上げでオシャレで、こういうちょっとした気遣いがモチベーションを更に高めてくれるんですよね。品質も健康器具メーカー大手のタニタブランドだから安心です。また、表面はフラットで溝が無い作りなので手入れも簡単でオススメですよ。

使ってみて感じたいくつかの不満

実際使ってみて、インナースキャン デュアルはダイエットのモチベーション維持には効果的だと感じました。素直に買って良かったと思える商品です。しかし、いくつかの不満もあります。

操作に若干戸惑う

利用し始める前に初期設定をする必要があるのですが、マニュアルが若干古いせいか(アプリは常にアップデートで新しくなる為)少し手順に戸惑いました。

公式アプリ「タニタヘルスプラネット」の操作画面がマニュアルと若干異なるので、「この画面にならないんだけど…」ということがありました。ある程度試行錯誤して無事設定出来ました。

また、最初は「スマホは持ったまま計測するのか?しないのか?」が分かりませんでした。「持ったまま計測する」が正解です(スマホと連動する必要がある場合)。アプリの操作も最初は色々試して慣れる必要があります。

通信に失敗することがたまにある

本体とスマホの連動にはbluetooth通信を利用しているのですが、環境にもよると思うんですが、何回か通信に失敗することがありました。サッと測りたい時に通信が失敗すると結構もどかしいですね。

これらの欠点はあるのものの、自分でグラフを毎日作るよりは全然お手軽ですし、モチベーション維持に貢献してくれることも間違いありません。

計測時の注意:条件を統一しよう

人間は朝と夜で大分体重や水分量が異なります。朝と夜で2キロぐらい変わることも珍しくありません。そして当然、食前食後排便前後でも変わってきます。これらの条件を統一して、毎日同条件で測定しましょう。

また、体脂肪率や筋肉量はバラつきやすいので、あくまでも参考程度にして、体重の増減を見た方が正確です。ただ、数日間の平均を取れば、バラつきやすい体脂肪率や筋肉量でも安定するので参考になると思いますよ。

人気ガジェット系ユーチューバーのカズさんも愛用!

チャンネル登録者100万人を超えるガジェット系ユーチューバーのカズさんも、タニタのインナースキャンを愛用しています。

購入直後のレポートと3か月後のレポートの両方をアップロードしているので是非参考にしてみてください。商品の長所だけではなく欠点もしっかり説明されているので非常に参考になると思いますよ。ちなみにカズさんはAndroid未対応の古いモデルを購入されたようです。

タニタ インナースキャンはどの型番を選べば良い?欠点・利点は?

タニタのスマホ対応の体組成計『インナースキャン デュアル』にはRD-900~RD-907までの型番が存在します(2017年8月現在)。

これらの内どの型番を購入すれば良いのか?まとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

  • RD-900 / 901 はiPhone専用でAndroidには未対応。
  • RD-902 / 903 と RD-904 / 905 は流通の違い。Amazonか量販店で型番が変わる。この型番から『筋肉点数』が表示されるように
  • RD-906 / 907 は RD-902 / 903 とデザインが違うだけで性能は基本的に同じ。
  • 奇数型番の型番は体重を100g刻みで測定、偶数型番は体重を50g刻みで測定、かつ、本体に基礎代謝量、体内年齢、体水分率が追加表示される上位版(スマホアプリ側ではどちらの型番でも基礎代謝量、体内年齢、体水分率が表示可能)。

もう少しわかりやすく表形式にもまとめてみました。

型番 RD-900 / 901 RD-902 / 903
RD-904 / 905
RD-906 / 907
対応OS iPhone iPhone / Android iPhone / Android
対応機種 対応スマホ機種一覧はこちら
筋肉点数 ×
備考1 RD-902 / 903 と RD-904 / 905 の違いは流通の違い。Amazonか量販店で型番が異なる。 RD-902 / 903 とデザインが異なるだけで性能は同じ。
備考2 奇数型番の型番は体重を100g刻みで測定、偶数型番は体重を50g刻みで測定、かつ、本体に基礎代謝量、体内年齢、体水分率が追加表示される上位版(スマホアプリ側ではどちらの型番でも基礎代謝量、体内年齢、体水分率が表示可能)

ご覧いただいた通り、RD-902以降は性能的な違いはほとんどないので、オススメはRD-902以降で最も価格が安い型番を選ぶと良いでしょう。スマホと連動する必要のない人は表示項目が多い奇数型番がオススメです。ちなみに私はRD-903を購入しました。

ダイエットにはモチベーション維持が一番重要だと考えます。その為にはこういったスマホ対応の体組成計で楽しくダイエットするのが効果的だと実感しました!是非皆さんもお試しください!

各型番の購入は以下のリンクよりどうぞ(繰り返しになりますが、RD-902以降で一番安い物がオススメです)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?