姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2013年12月27日

人の意見に否定から入る人の心境とは?

 

talk2

先日放送された「有吉マツコの怒り新党」という番組で、「人の意見に否定から入る人に腹が立ちます」という意見が取り上げられましたが、少し自分の見解を書こうかと思います。

ちなみに私自身、どちらかというとそういうタイプで理屈っぽく、社会人になったばかりの頃はよく怒られていました(^^;)
頭の中で一度整理してから発言するように心がけていますが、今でもたまにいわれますね。そして、口数自体が減ったかも・・・w

否定から入る人はこんなタイプの人間だ

否定から入る人には主に以下のタイプが存在すると思います。

  1. 議論がしたいから反対意見でもつい言ってしまう人
  2. コミュニケーションが苦手で言葉のチョイスが下手な人
  3. 人を蔑むことが生きがいな人

こんなところでしょうか。
これらのタイプに焦点を当て話を進めていきます。
(3に関しては性格そのものに問題有りのタイプなので割愛します。私も絡みたくない!w)

否定する人は実は親切心でやってる?

普段人柄が良いのに会話になると否定意見が多い人は、もしかすると、より正しい情報を相手に教えてあげたいだけかも知れません。会話の内容にもよりますが得意分野の話題であれば相手に教えてあげたいという親切心が裏目に出てるだけかも知れませんね。

きっと、教えたいという気持ちが強すぎて相手がどう思うかまで考える余裕が無いんだと思います。普段口数が少なくコミュニケーションが得意でない人ほど、得意な話題を振られると嬉しくなって暴走してしまう傾向にあると思います(自分もたまにやらかします・・・w)。

議論嫌いな日本人と議論好きな外国人

日本人は議論嫌いで外国人は議論好きという話があります。

例えば会議では日本の場合淡々と進行するのが一般的だと思いますが、海外、特にフランスあたりではかなりヒートアップするらしいです。
議論は反対意見が出てなんぼです。反対意見はより良い結果を導く為に必要なものです。
フランスでは日常会話で火花が散ることも珍しくないらしいです(笑)

意見を否定するのはより価値のある会話にしたい気持ちの表れかも知れません。裏目に出てしまっていますが・・・w

ちなみに私の場合、ただ闇雲に否定されたら不快ですが、それなりに理由があったり身になる意見が得られるのであれば不快にとは思わないですね。

否定意見は良いけど、人格否定はNG

個人的には自分の意見をしっかり持っているのであれば、相手の意見を否定することは悪だとは思いません。議論はお互いにとってプラスになる可能性を秘めてる為です。

しかし、人格を否定すること絶対してはいけません
主にネットでよく見かけますが意見否定と人格否定を履き違えてる人が多いと思います。人格否定は何も生み出しません。例えばこんなケース。

意見を否定した場合
Aくん「それは間違ってると思う。」
Bくん「どうして?」
Aくん「~というわけだからだよ。」
Bくん「おー、なるほどね。」

人格を否定した場合
Aくん「だから君はダメなんだよ」
Bくん「は?(おこ)」
Aくん「あ?(激おこ)」
Bくん「あぁ?(激おこぷんぷん丸)」

もし相手が明らかに問題のある人物(犯罪者など)であれば人格否定されても文句は言えませんが、価値観の違いで人格否定をすることは愚かな行為です。

やっぱり思いやりが大切!

否定意見をいってしまう人でも不仲になることを望んでいるわけでは無いはずです。人との距離のつめかたが下手なだけです。相手の意見をつい否定して自分のことばかり話してしまうのは自分を知ってもらいたい、仲良くなりたいという気持ちの表れです。

あなたの意見を否定する人は、あなたが不快な思いをしていることに気付いていないはずです。もし、あなたが否定されることを嫌うのであれば、正直にその旨を伝えたり、試しに一度その相手に対して否定意見を言ってみてどう思ったか聞いてみてはいかがでしょうか。きっと改善しようと努めてくれるはずです。
コミュニケーションが得意なあなたが「しょうがないなー」と一歩大人になり、率先して行動すればきっと良い方向に進むと思います。

以下の記事もオススメです。こんな経験はありませんか?

気遣いしてるのに無神経だと言われてしまう人の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?