姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2014年07月23日

サイコブレイク発売!予約し忘れてしまった人へ、もしかしたら今でもゴアモードDLCが手に入るかも!?

 

psycho-break-dlc-gore-mode1

この記事をご覧頂いてる方はゴアモードDLCについて知るためにお越しいただいたと思いますが、その前にサイコブレイクを知らない方に簡単に説明。

サイコブレイクは「バイオハザード」の生みの親である三上真司氏が手がける最新作です。ゲーム性もバイオハザードの原点回帰した内容になり、敵に追い詰められる恐怖が再び蘇るとのこと。最近のバイオハザードは恐怖から離れていってたので原点回帰は初期のファンにとって嬉しいですね。

ホラーゲームの醍醐味である残酷描写を堪能したければゴアモードDLCは必須。このチャンスを逃したら100%後悔しますよ

さて、本題のゴアモードDLCについてですが、ゴアモードDLCとはホラーゲームの魅力でもある残酷描写を存分に楽しめるようにするための機能です。具体的には銃などで敵の撃つと体の部位が欠損したり、内臓が露出したりといった具合です。国内のゲームはそういった表現が規制されているのですが、特典として限定的に付与することでそういった表現の規制がほぼ解除されます(どの程度解除されるか正確な情報はまだでていないようです)国内版は敵のみ欠損表現があるようです。ゴア表現は爽快感に繋がるのでそれが有ると無いでは充実感が全く違うんですよね。ゴア表現の無いホラーは炭酸の抜けたコーラのようなものです。

今まで、こういった表現規制の解除コードを特典にするという試みが他のゲームには無かった為、あえてそうしたのはきっと期待に応えてくれるということでしょう。そうじゃなければ予約特典にする必要性がありませんからね。

ちなみにゴアモードDLCはあくまで予約特典なので発売前に予約しなければ手に入りません。発売日は過ぎてしまいましたが数日の間はまだ予約特典が手に入る模様です。これが最後のチャンスだと思うのでまだ購入していない人は急げ!

>>サイコブレイク 「ゴアモードDLC」+「特製スチールブック&サントラCD」 付を予約する

また、「そこまで残酷な表現は求めてないんだけど予約はしておきたい」という人にも朗報です。ゴアモードDLC無しVerでも予約すると特製スチールブック&サントラCDは付いてくるので忘れないうちに予約を済ませましょう。DLC無しVerは以下のリンクから予約できます。

>>サイコブレイク「特製スチールブック&サントラCD」 付を予約する

ここからはサイコブレイクの魅力について簡単にお話します。

サイコブレイクは試行錯誤しながら攻略法を見つけていくゲームバランス

psycho-break-dlc-gore-mode5

サイコブレイクの派生元であるバイオハザードシリーズ・・・、最近のバイオハザードは恐怖よりもアクションとしての爽快感を優先してしまっていて恐くないので「バイオハザード本来の良さが消えている」と不満に思うユーザーも多いんですよね。

しかし、サイコブレイクは昔のバイオハザードのような「ジリジリ追い詰められていくゲームバランス」になっているとのこと。銃弾の数も少なめに設定されていて、「ここでは温存しておくべきか、それとも、銃を使って安全にやり過ごすか」または本作注目ポイントでもある「トラップを活用する」といった選択を選ぶという生き残るための駆け引きが楽しいんですよね。プロデューサーの三上氏が言うのだからサイコブレイクにもその緊迫感は引き継がれるでしょう。

また、公表はされていませんがバイオシリーズではお馴染みのタイムアタックモードやサバイバルモードもきっと搭載されていることでしょう。お馴染みの「ナイフクリア」もあるんでしょうか?期待が膨らみますね!

psycho-break-dlc-gore-mode2
psycho-break-dlc-gore-mode3
psycho-break-dlc-gore-mode4

The Evil Within – Extended Gameplay Video

発売日は2014年10月23日です。PS4をはじめとした各プラットフォームで発売されます。

最後にもう一度確認ですが、このページをご覧頂いた方はゴアモードDLCがどういうものか気になって見てくれた方だと思います。ゴアモードDLCは発売後には入手できませんのでご注意ください。手に入るチャンスは今だけです。「あとで予約すればいいや」と思ってうっかり忘れて発売日を迎えて後悔しない為にも今のうちに予約を済ませましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?