姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2014年11月18日

子供のクリスマスプレゼントにPS4をオススメする8つの理由

 

ps4-xmas-present

今年もあっという間にクリスマスシーズン。子供に何をプレゼントしようか迷っている人も多いかと思います。

突然ですが質問します。
子供や親にとってクリスマスは何の為に存在するか』分かりますか?

答えは、「喜び」を得る為です。
子供はプレゼントを貰い「喜び」、親は子供が笑顔で喜ぶ姿を見て「喜ぶ」ことが、子供や親にとってのクリスマスなんですよね。

もし、クリスマスプレゼントの選択を誤れば子供はガッカリし最悪のクリスマスになってしまいます。子供が喜ぶ顔が見れるどころか悲しい顔で泣きじゃくる姿を見ることになってしまうかも知れません。

だから、子供と親の両方が幸せになるためにもプレゼント選びは非常に重要なんですよね。

「でも何をプレゼントしたらよいか分からない・・・」

そんな迷えるお父さん・お母さんの為に、私は今人気のPS4(プレイステーション4)をオススメします。男の子・女の子、小学生・中学生、性別・年齢問わずオススメです。

何故、子供のクリスマスプレゼントにPS4がオススメなのか?
その理由を紹介します!

1.子供はゲームが大好き!

6570947737_3fd63ba907_b

私が子供の頃はゲーム派と外で遊ぶ派に二分されていましたが、最近ではクラスでゲーム機を持っていないのは1人、2人しかいないんですよね。それだけテレビゲームはキッズ向けプレゼントとして定番なわけです。逆にゲーム機を持っていないと友達間の話題に付いていけなくて悲しい思いをするかもしれません。

子供がゲームに興味が無ければ別のものをプレゼントしたほうが良いと思いますが、興味があるなら一度くらいはプレゼントしてあげましょう。子供が喜ぶもので一緒に遊び、家族の絆を深めるってとても素晴しいことですよね。

2.ゲームソフトが無くても遊べる!

PS4にはPS Plusというオンラインサービスがあり、加入すると月額500円で一部のゲームが無料で遊び放題になります(ちなみに、このサービスはPS3やPS VITAとも兼用になっていて現在ではPS4よりもPS3、PS VITAのほうがラインナップが充実しています)。

そしてPS4ならではの特徴として、友達がゲームソフトを持っていれば自分はゲームソフトを持っていなくてもネットワークを介して一緒に遊べます。昔、友達の家にゲームソフトを持っていって遊んだことがあるかと思いますが、それのネット版ですね。遊ぶ時間さえ友達と合わせればゲームソフトを1本も買わなくても遊び続けることも可能です。

3.コミュニケーション力が高まる!?

PS4には標準でボイスチャット機能が搭載されています。つまり家にいながら色々な人とコミュニケーションが取れるわけです。色々な人とコミュニケーションを取ることは頭を働かせることになるので人間力が向上しますし、マナーも向上することでしょう。

昔はゲームと言えば一人で引きこもって塞ぎこみがちでネガティブなイメージがありましたが、今のゲーム機は真逆で人と繋がる事に重きに置いたコミュニケーションツールなんですよね。

4.テレビを占領されない!

img_vita_br

携帯ゲーム機PS VITAとPS4を連携させればPS VITAをテレビ画面の変わりに利用できるので、子供がゲームをやっている間テレビ番組が見れないなんてことになりません。家族皆で遊べたらそんなことに悩む必要はありませんが、一人で遊びたいゲームもありますからね。

5.ブルーレイやDVD、動画配信サービスで映画やアニメも見れる!

PS4ではゲームで遊ぶ以外にもブルーレイやDVDでの映画鑑賞が可能です。3D映像が楽しめるブルーレイ3Dにも対応しています。

個人的にオススメなのがHulu。HuluはテレビCMでもお馴染みの日テレが運営している動画配信サービスで月額933円ポッキリで15,000本以上の高画質な動画が見放題です。元は海外のサービスなので海外ドラマや映画が豊富なんですが、日テレが運営するようになってから日テレのドラマやアニメも充実してきたので、大人子供問わず楽しめますよ。1日当たり30円なのでコスパも良くオススメです。

Hulu 2週間無料トライアルはこちら

6.意外とコストパフォーマンスが良い!

PS4本体の価格は34,980円なので一見すると高そうだと感じますが、ゲーム機の商品サイクルは7、8年ぐらいです。ほぼ毎日のように遊べて、それが8年も持つというのは脅威的だと思うんですよね。しかも、ブルーレイやDVDを見たり、チャットでコミュニケーションと取ったりと活用の幅がとても広いわけです。

また、PS4は一番勢いのあるゲーム機であり、今後ゲームソフトが最も多く発売されることが期待できるので、「PS4飽きたから他のゲーム機が欲しい」などとねだられる事は無いでしょう。

そもそも、ゲーム機は子供だけの道具じゃなくて大人の為のものでもありますから家族みんなで使うことを考えればかなりお得な投資だと思います。

7.プレゼントする側も嬉しい!

これは先ほどのコスパの話と内容がかぶりますが、PS4を初めとしたゲーム機は8年ほど使い続けることが可能です(もちろん人気があるゲーム機じゃないと短命で終わってしまいますがPS4は最も将来性があるゲーム機と言われていますのでその心配はありません。)。

他のプレゼントは長くて1年、早ければ1ヶ月もしないうちに飽きられてしまうわけです。仮面ライダーの変身ベルトやプリキュアのグッズで何ヶ月も遊び続けるのは子供と言えど不可能でしょう。

それに対してPS4などのゲーム機は子供が自立するぐらいの年齢まで使われ続けるわけです。自分がプレゼントしたものが大切に長い間使われ続けることは親にとって大きな喜びですよね。

8.PS4には超有名タイトルの発売が控えています!

PS4には『ファイナルファンタジー』シリーズ、『龍が如く』シリーズ、『ストリートファイター』シリーズといった名立たるビックタイトルの発売が控えています。

人気タイトルが遊べるのは子供たちにとって大きな喜びなんですよね。友達との仲を深めるきっかけにもなりますし、親としても我が子の喜ぶ姿が見たいですよね。

ところでPS4に子供向けゲームソフトはどのくらいあるの?

PS4のソフトはWii Uに比べると推奨年齢が高めに設定されているものが多いです。この年齢別レーティングがCEROという団体が行っていますが、区分は以下の5つに分類されます。

  • A ・・・ 全年齢対象
  • B ・・・ 12才以上対象
  • C ・・・ 15歳以上対象
  • D ・・・ 17歳以上対象
  • Z ・・・ 18歳以上のみ対象

PS4のソフトはほとんどがBまたはCに該当するものが多いので、子供に遊ばせたくないと思われるかも知れません。

しかし、安心してください!

A~Dはその年齢以下の購入が禁止されているわけなく、あくまで推奨なんです。つまり、「子供には害は無いけどそのゲームを十分に楽しめる年齢ではないですよ」というものなんですよね。

例えば、『スターウォーズ』。

子供から大人まで楽しめる映画であり、映画のテレビ放送は9時台から普通にやっていますよね?

この『スターウォーズ』がPS4ソフトとしても発売されているんですが、年齢区分がC(15歳以上対象)なんですよね。

テレビで普通に放送されている程度のものでも、ゲーム化されると15歳以上という年齢制限が設定されるわけです。

つまり、テレビゲームは必要以上に年齢制限が厳しくされているということなんです。

目安としてはこう考えてください。

  • A~C ・・・ テレビのゴールデンタイムに放送され、子供でも安心して見せられる内容
  • D ・・・ ゴールデンタイムに放送されるが、子供にはあまり見せたくない内容
  • Z ・・・ 深夜帯じゃないと放送できない内容

プレゼントを送る相手が小学生ぐらいのお子さんであればA~C、中学生ならDまでと考えてもらえれば間違いないと思います。

『スターウォーズ』を子供に見せられるか?見せられないか?
これを基準に考えれば子供にPS4を遊ばせても平気かどうかの判断が付くかと思います。

でも、やっぱ心配!

もし、それでも心配という親御さんはWii Uを購入されたほうが余計な心配をしなくて済むと思います。誰もが知っているマリオが遊べる据え置きゲーム機はWii Uだけですからね。

おわりに

是非お子さんのクリスマスプレゼントに、そして家族団らんの為のコミュニケーションツールとしてご購入を検討してみてはいかがでしょうか?

最初にも書きましたがクリスマスは子供と親が「喜ぶ」為にあるので、ゲームに興味が無い子もいますから、その場合は適切なものをプレゼントしてあげてください。しかし、ゲームは多くの子供が関心を持っていますからきっと喜んでもらえるはずですよ!

PS4の魅力をもっと詳しく知りたい、他のゲーム機との違いを知りたい方は以下の記事もご覧ください!
ゲーム機購入を迷っているあなたがPS4を買うべき7つの理由まとめ

PS4のオススメの作品が知りたい方は下記の記事がオススメです。オススメソフトをランキング形式で紹介しています。
オススメはこれ!部門別PS4ゲームソフトランキングTOP5 [レビュー・評価付き]

画像:©Sony Computer Entertainment Inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?