姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2014年02月27日

【徹底解剖】実際に購入して分かった!PS4の魅力や特徴・新機能をレビュー!

 

いよいよ発売されましたね。PS4!
日本では先日発売されたばかりのPS4ですが、世界では累計販売台数600万台突破したそうです。日本でも37万台売れたそうです。あまり多くない数字のように感じられますが、年末商戦に投入されたWii uを上回る売れ行きなので好調ではないでしょうか。

というわけで先日投稿したPS4紹介記事の最後でも予告したとおり、PS4を購入したので早速レビューします。

白いPS4(PlayStation4 グレイシャー・ホワイト)が発売決定!

10月9日にPS4の新色グレイシャー・ホワイトが発売されます!真っ白ではなく黒いパーツが間に挟まれたツートンカラーになっています。詳細情報はこちらをご覧ください!

また、PS4用ゲームソフトのレビューをお探しの方は下記のバナーよりご覧ください。私がプレイしたゲームソフトのレビュー記事がご覧いただけます。

開封の儀。中身は結構シンプル!そしてテレビゲームの象徴だったアレが無い!そして新たに追加されたものも。

ps4_review

初回生産分なのでKnack(ナック)のガワが付いているので、それを取り除くとPS4の箱本体が登場します。そしていざ開封!

開封して本体と行きたいところですがまずは付属品を紹介します。こんな感じです。

ps4_review3

  • ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)×1
  • モノラルヘッドセット×1
  • 電源コード×1
  • HDMIケーブル×1
  • USBケーブル(2m)×1

標準でヘッドセットが付くのは時代の流れを感じさせますよね。
また、早期購入の特典として以下が付属されます!これが結構ありがたい!

  • Knack(ナック)製品版…5000円相当
  • PlayStation Plus(PS Plus:3ヶ月無料利用権)…1300円相当

さてここで気になる点がありますよね。
今まで付属していた赤黄白のコンポジットケーブルが見当たりません
その代わりにHDMIケーブルが付属されています。
実はPS4ではHDMI以外で接続することが出来ません。つまりアナログテレビでは遊べません地デジ以降のテレビやHDMIに対応したPCディスプレイを用意する必要があります。

ps4_review4

続いて、PS4本体の紹介です。(あまり良い写真がとれませんでした。ご了承ください。)

平行四辺形が特徴的な斬新なフォルム。
というか”平行四辺形”なんて言葉中学生ぶりに発しました(笑)

写真で見たときはイマイチなデザインだなと思ったのですが、実物をみると・・・。
実物も正直微妙です。あまり好みではありませんでした。
そのかわりPS4のコントローラーのデザインはカッコいい!かなり好みなんですよね。

電源やイジェクトボタンは前面の溝に配置されていてセンサーで感知しています。こういう部分は好きです。センサー式のスイッチを見慣れていない人はどこに電源ボタンがあるかわからないと思います。

重量は初期型PS3の半分程なので軽いのですが、大きさはそれなりにあります。厚みはPS3よりも薄いですが、上部(横置きの場合)から見ると正方形に近く、縦に長かったPS3より膨張して見えるんですよね。

あと、鏡面加工がされている部分、物凄くほこりが付着しやすいです。。。美しく見せたい意図があったんでしょうが逆効果だと思いました。

初回特典のKnack(ナック)とPS Plusについては後述します。

ホーム画面は流行にのってSNS風のインターフェイスで洗練され機能的

ps4_review6

ps4_review5

PS4の初期設定を終えてまず表示されるのがホーム画面です。

PS3がアイコン表示でコンパクトにまとまっていたのに対し、PS4ではフェイスブックのウォールのように最近アクティビティ(活動内容)が表示されています。にぎやかで個人的にはありだと思います。

操作性は良好で今まで以上に各画面の切り替えがスムーズで自然に感じました。

マルチタスク化で同時にいろんな作業ができる

VITAを体感した人なら分かると思いますが重要な機能の内の一つです。

PS3では基本的に2つ以上のことを同時に行うことが出来ませんでした。
しかし、PS4ではゲームを一時中断して動画を見たり、買い物をしたりなどが可能です。よりパソコンに近くなった印象です。

こういった細かな進化は地味ですが余計なストレスが軽減される為ありがたいですね。

オンラインプレイをするにはPlayStation Plus(PS Plus :月額500円)への加入が必須。しかし、PS3やVITAを持っている人であればかなりお得なサービス

残念なことにPS4のオンラインプレイは有料です。PS Plus(月額500円)に加入することでオンラインプレイが可能になります。

PS3やVITA向けに加入している方はPS4でもアカウントは流用できる為なんの問題もありません。では未加入の人は手痛い出費か?というとそうでもありません。

PS Plusのサービスにフリープレイというものがあるのですが、これがかなりお得なのです。フリープレイでは一定期間無料でゲームをダウンロードできるのですが、実は一度ダウンロードしたものは購入扱いになる為、無料ダウンロード期間が過ぎても無料で遊べてしまうのです。早いうちに加入していればそれだけ多くのソフトが無料で手に入るのでいち早く加入することをオススメします。

しかし、PS4ではPS3やVITAで利用できるゲームアーカイブス(過去の名作が遊べるサービス)が利用できません。これだけが残念な部分です。逆にあなたが既にPS3やVITAを持っていれば加入しないと勿体無いぐらいコスパの良いサービスです。

また、加入するとスタンバイ状態でも更新ファイルのダウンロードが可能なので、今までのように「ゲームを遊ぼうと思ったらアップデートに待たされる」ということがほとんど無くなります。ちなみに私はPS3ではたまにしか遊ばなかったので、起動するたびにアップデートで待たされ「なんだこれ」状態でした。こういうさりげない進化はありがたいです。

配信数限定で3ヶ月無料で利用できる権利が得られるので加入はお早めに!ちなみに12ヶ月契約だと1000円ほど割引になるので、事実上加入必須であるPS4ユーザーは12ヶ月契約したほうがお得です。

早期購入特典のKnack(ナック)はやりがいのあるアクションゲーム

早期購入特典としてKnack(ナック)が同梱されますが、コレが意外にも良作です。
Megumiさんがプレイ動画をUPしているのでとりあえずご覧ください。

[ナック] #9 PS4 日本語版発売までにクリアしたい! [Knack]

ゲーム内容はステージクリア型のアクションゲームでどこか懐かしさを感じるものとなっています。可愛いらしい見た目とは反対でやり応えのあるアクションとなっています。操作はシンプルで使うボタンは少ないですが難易度が絶妙で何度も失敗を繰り返し少しずつユーザーが成長していく過程が楽しいです。
死にながら覚えていくプレイはPS3用ソフトのダークソウルに通じる面白さがあります。そうそう、3月にダークソウル2が発売されるんですよね。物凄く欲しいのですが、このタイミングでPS3が壊れてしまってどうするべきか悩んでいる所です…。

グラフィックも一見大したことなさそうなんですが、岩の質感とか凄く細かい!次世代感を感じられるものになっています。さすがデータ容量30GBオーバー!さすがに多すぎだけど。
これだけ容量が多いとダウンロードやインストールに相当時間が必要ではないかと思うかと思います。実際全てをインストールするのには確かに時間がかかります。しかし、そこはPS4ダウンロード・インストール中でもプレイすることが可能になっています。

ナックをクリアしたのでレビューを書きました。こちらも合わせてご覧ください!

PS4用コントローラー「DUALSHOCK4」はスピーカー搭載で臨場感抜群!

PS4のコントローラーはこれまでの物よりも丸みを持った特徴的なフォルムとなっています。

このフォルムが実に良いんですよ。手にしっかりと馴染むんです。しかも背面部分は滑りにくいように質感が異なるこだわり様。ボタンの押し心地もしっとりしてるというか押してて気持ち良いんですよね。また、余計な溝が無い為、汚れにくく掃除もしやすいです。

このコントローラーの最大の魅力はスピーカーが内臓されていることです。あまり意味が無いのではと思う方もいるかも知れませんが凄く新鮮です。
例えば、PS Plus 加入で無料で遊べるRESOGUNではナビゲーターの声がコントローラーから出力されるようになっていて、あたかも自分がゲームの中にいるかのような錯覚を受けます。他にもキャラクターの心の声がコントローラーから聞こえるとかそういう演出も考えられると思います。地味ですが使い方によってはかなり重要な機能です。

コントローラー中央にあるタッチパッド部分ですが、今回購入したソフトではその機能を存分に体験できるものは無かった為割愛しますが、機能的にはスマホと変わらないと思います。さらにコントローラー上部には発光するようになっていてリモコン的な使い方ができます。
また、コントローラーには付属のヘッドセットを接続できるようになっています。こちらはまだ試せていませんがオンラインプレイで活躍しそうです。

シェア機能は便利な反面、制限が痛い。

PS4の目玉機能であるシェア機能。
使わない人は使わない機能だと思いますが、友人とプレイの模様を共有したい人やブログのネタにしたい人などは待ち望んでいた機能ではないでしょうか?

早速ですがシェア機能を試してみました。以下の動画をご覧ください。
Need for Speed Rivalsというレースゲームなのですが、数年ぶり(グランツーリスモ5以来)のレースゲームなのでつたない動画となっています(笑)

PS4のシェア機能を使って録画をしてFacebook上に投稿しています。
見て分かるようにHD表示にすればフルスクリーンでも遜色無い画質です。フレームレートは30fps固定のようなので動きの滑らかさは実機でないと体感出来ませんが十分許容できるレベルです。

シェアの方法はコントローラーのシェアボタンを押すだけ。シェアできるのはゲーム画面だけではありません。好きな時に好きな画面をシェアすることが出来ます。1回プッシュもしくは長押しでスクリーンショットの撮影、2回プッシュで録画開始されます。

便利なシェア機能ですが一部使いにくさを感じる部分もあります

シェアする場合は必ずTwitterかFacebookを経由しなければならないということです。原則として直接スクリーンショットや動画データをPCに移動することは出来ません。つまり動画サイトにアップされているプレイ動画のようにテロップなどを入れることは出来ません。

また、現状では動画のアップロードはFacebookでのみ可能となっています。Youtubeやニコニコ動画にはアップできません(Facebookに投稿したものを取り込んで動画編集することはできるとは思いますがお勧めしません。)。

また、画質はTwitterやFacebookの仕様に合わせたものになります。

私のようにブログのネタにと考えている人にとってはもう少し制限を緩くしてくれるとありがたいですね。

だれでも簡単にライブ配信ができます

また、シェア機能の一部としてUstream、Twitch、ニコニコ生放送(今春サービス開始予定)などと連携し、特別な機材を用意することなくライブ配信をすることも可能です。画質や音質は動画サイトと同様で環境によって変わります。しかし、ほかの動画サイトとは異なりテーマがPS4のゲーム固定なのでとにかくPS4の面白いプレイ動画が見たいという方にはオススメです!

VITAリモートプレイは完璧では無いけど手元でPS4が遊べるのは感動

VITAリモートプレイはPS4紹介記事でも触れていますが、期待通りの部分、そうでも無い部分両方がありました。

まず、PS4をスタンバイ状態にしておけば、外出先からでもPS4を起動できることに感動しました。当然といえば当然ですが、VITAで遊ぶためにPS4を常時起動しておく必要はありません。もちろん、PS4の終了もVITAから行えます(ここでスタンバイではなく電源を切ってしまうとVITAから起動できなくなってしまうので注意)。

Wifi環境で試したところ基本的にはサクサク快適に動作し、本当にPS4が手の中で動いている感じです。画質も綺麗です(フレームレートはおそらく30fpsが上限)。これにはちょっと感動しました。

しかし、いくつか問題があります。
通信状態によっては一瞬画面が止まることがあります。その為、操作が忙しいレースゲームやアクションゲームには向かないかも知れません。また、VITAはボタンが少ないためL2R2ボタンを背面タッチパッドに割り当てています。これがやっぱ使いにくい。そのためゲームを選びます。
あとは、動きが激しいゲームはブロックノイズが出やすいかもしれません(Wifiの通信量であればほぼ支障が無いレベルです)。

ちなみにリモートプレイはゲームプレイに限ったことではありません。基本的にPS4全ての機能が利用可能です。

さらに、リモートプレイとは別にVITAをセカンドスクリーンとして利用することができます。いわゆるWii Uのゲームパッドのようなものですね。こちらはリモートプレイと異なり対応したゲームソフトが必要になりますが今までに無い遊びが期待ができます。

PS4を購入するとリア充になれるかも

ゲームをすることで生活に変化があったら楽しいと思いませんか?

先述したようにPS4にはシェア機能やライブ配信を手軽に行う機能が備わっています。何気ないプレイをシェア・ライブ配信することにより、あなたに興味を持つ人が出てくるかもしれません。さらにシェアされた内容は自然に広まっていきます。あなたが知らないところで評価されいつの間にか有名人になっているなんて可能性もあるわけです。

「人に見せるほどゲーム上手くもないし・・・」と思われる人もいるでしょう。今まではそういう人は「動画をアップしよう」などとは思わなかったことでしょう。手間もかかりますからね。

しかし、PS4ではボタン一つでシェア・ライブ配信が可能なわけです。プレイが上手くなくても「アップしてみよう」という気持ちになります。まさに私がそうです(笑)。今までプレイ動画をアップしたことはありませんでしたが、PS4を購入してからいくつか投稿しています。

「有名人」とまではいかなくとも、私のようにブログのネタにもできます。PS4は確実に生活に変化をもたらします。

PS4はこんな人にオススメです。

  • 次世代機の中でも特に高いグラフィッククオリティのゲームが楽しみたい
  • より多くのゲームを楽しみたい
  • 自分のプレイをシェアしたい
  • 他のプレイヤーのプレイの模様を見たい
  • 新しくなったコントローラーをつかってみたい
  • ブルーレイやDVDコンテンツを楽しみたい
  • ソニーが提供する音楽・動画配信サービスを利用したい
  • PSVITAをより活用したい

いずれか当てはまる方は買う価値ありですよ。

PS4ローンチタイトルであえてオススメの作品の一つ挙げるならコレ

PS4のローンチタイトル(PS4と同時発売したゲームソフト)は結構たくさんあるので、最初に何を買えばよいか迷うかもしれません。面白そうだからといって全部買うわけにもいきませんからね。というわけで、実際に私がプレイしたゲームソフトの中でPS4と一緒に買うべきオススメの1本を紹介します(ちなみにこちらを参考)。

PS4と一緒に買うべきゲームソフトは「トゥームレイダー」!

これは本当オススメです。Amazonなら3000円台で購入できますしね。
詳細はトゥームレイダーのレビュー記事をご覧いただきたいのですが、とにかくダイナミックなアクションとド派手な演出、美しすぎる広大なグラフィックスが凄い!そして何よりもアクションゲームとしてのクオリティが高いです。操作していて楽しいです。

日本ではあまり注目されていない作品ですが海外では圧倒的な売り上げを誇る人気シリーズです。是非遊んでみてください。

不満はあるけど新しいものはやはり魅力的!ワクワクする。

PS4は正直なところ革新的なゲーム機ではありません。ほとんどの機能が既に他で使われているものです。しかし、それらの機能は洗練されていて確実に進化しています。
目新しくは無いけど最先端を歩んでいるのはPS4です。PS4で無いと体感できない世界が確実に存在します。皆さんも是非その体験をしてみてください。

ソニー製品定番の初期不良は気にしないこと!

Amazonのレビューを見ると初期不良品をつかまされた人は少なからずいるようです…。^^;
しかし、あまりそこは気にするべきではありません。
いつ買っても不良品はありますし、もし不良品であれば当然無償で修理・交換してくれます。

「安くなってから買う」って方、初回特典付きPS4を急いで買いましょう。
初回特典分(約6500円)を差し引いた価格になるのは数年は先です。しかもまもなく増税もします。実はPS4は今が買い時です。

40000円でこの性能はホント安いと思います。PS4と同じグラフィック性能のPCを構成すると10万円ぐらいはしますからね。

欲しい物は欲しい時に買うと喜びや楽しみが倍増します。
迷うくらいなら買っちゃいましょう!

それでも不安なあなた!購入を決める前に他の人のレビューも参考にしてみましょう。

PS4のレビューを見る

↓初回特典付きのお得なパッケージは2月一杯で生産終了なのでお早めに!

オススメはこれ!部門別PS4ゲームソフトランキングTOP5 [レビュー・評価付き] 【9/1更新】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?