姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2016年11月20日

圧倒的「戦場感」と60FPSによる超画質は評価せざるを得ない!PS4版バトルフィールド1をレビュー

 

前作バトルフィールド4から数字を巻き戻して「バトルフィールド1(BF1)」として発売されたシリーズ最新作。勘違いされてる人もいるかも知れませんが1作目のリメイクと言うわけではありません。おそらく、第一次世界大戦を舞台にした作品だから「1」と冠したのでしょう。

Amazonの評価では大半が5スターという事で間違いなく名作であることは確定していますが、「弾が打っても中々当たらないレベル」の初級FPSゲーマー目線でのレビューをしてきます。

抜群に美しくなった60FPSで動作するグラフィック

15178309_1233043766769839_4337785310908105304_n

やはり60FPSで滑らかに動作する美しいグラフィックは特筆すべきものがありますね(PS4タイトルでも60FPSで動作するゲームってそこまで多くないので)。

キャンペーンモードはBF4の時点で相当綺麗だったのでそれほど驚きはありませんが、マルチプレイのグラフィックはだいぶ進化したと思います。空気感とか遠景の描画とかが凄いです。また、ロケーションも良いんですよね。そそり立つ山々にの間に作られた塹壕で戦うとかそそられますね。

静止画で見れば同等のグラフィックのゲームは他にもありますが、このグラフィックで60FPSを実現したのは正直凄いと思いましたね。PC版の最高画質設定と比較しても遜色ないレベルです。

最大64人でのマルチプレイが生み出す戦場感は鳥肌もの

15134824_1233043756769840_3319555656957703107_n

バトルフィールドと言えばやはり64人同時マルチプレイ対戦。ホントこれは時間泥棒で楽し過ぎて延々とプレイしてしまいます。

64人と言っても死んだらすぐリスポーン(復活)するので体感的には100人、200人で対戦しているような感覚で、この密度感はまさに戦場と言った感じなんです。

戦闘によって破壊されていく建築物や、リアリティのある重火器や兵器も凄いのですが、一番の肝は効果音なんですよね。

これが本当にリアルで、例えば銃声なら室内か屋外か、または近距離か遠距離かで全く音の響き方が違うんですよね。
他にも戦場に響き渡る兵士の叫び声もリアルで戦場感を演出してくれます。

BF1では「マップに頼って敵を探す」というのが難しくなったので、銃声、叫び声、足音などを頼りに敵のいる位置を予想していく事も重要になります。この不便さが100年前の戦争を演出していて逆に良いんです。勝ちたい人は音をよく拾えるヘッドフォン利用すると勝率が上がるかも知れませんね。

国内トッププレイヤーのダステルさんのプレイ動画を見てもらうとBF1の楽しさがよく伝わると思います(ダステルさんはPC版をプレイ)。

【BF1実況】Battlefield 1 | まったり戦争【ダステル】

BF1はFPSが下手でも楽しめる?

15094309_1233043810103168_6010313148906706179_n

バトルフィールドシリーズの特徴はBF1でも健在です。

一般的にこの手のFPSは歩兵戦が一般的ですが、BF1は歩兵戦だけでなく様々な乗り物や兵器を駆使することで、自分だけの役割を演じることが出来るんですよね。下手でも下手なりに楽しめるということです。

例えば、戦車や戦闘機のパイロットとして活躍したり、砲撃手として大型兵器を駆使したり、物資の補給に専念したり、敵の偵察をしたりなど、歩兵だけではない役割が出来るんです。

こういった役割が成り立つのはBF1の戦場が広大だからなんですよね。BF1のマップは他のFPSよりも広大です。マップによって差はありますが、ちょっとしたオープンワールドと言えるぐらい広いです。

歩兵戦メインのFPSだと初心者と上級者の実力差があり過ぎて、初心者は何も出来ずに終わってしまうことも多いですが、BF1は自分だけの役割が演じられるので初心者でも遊びやすいFPSだと思います。

また、初心者は単独行動をするのではなく他のプレイヤーの付いていくと自然とテクニックが学べたり、敵の攻撃が分散するので死亡確率がグッと減り戦いやすくなりますよ。

フレンドがいなくても普通に楽しめる

マルチプレイがメインのゲームにはフレンドがいないと十分に楽しめないモノも少なくありませんがBF1は違います。

64人によるマルチプレイなわけですから基本は他人の集まりです。10人程度ならフレンドを集めて遊ぶこともありますが、64人もフレンドを集めるのは難しいですからね。だから、多くの人がフレンド無しでも楽しめているという事になります。

もちろんチームの中に分隊(チームの中のチーム)を作りフレンドだけで構成すれば、綿密なコミュニケーションが可能になり戦術的にも有利になるので、フレンドがいればまた違った楽しみ方が出来ます。

やり込むほど階級が上がっていく楽しさは”通知表”と似ている

マルチプレイを繰り返すたび軍人としての階級が上がっていきます。良い戦績を残せばより一層階級は上がりやすくなります。

地味なシステムですが、プレイヤーのスキルが階級として数値化されるのは素直にモチベーション維持に繋がります。

例えるなら学生時代に学期末にもらっていた「通知表」と同じなんですよね。高評価が付けば「頑張った甲斐があった!」と嬉しくなりますよね。そんな感じなんです。

キャンペーン(ストーリー)はオムニバス形式で短めだが…

今作のキャンペーンモードは短編(オムニバス)のストーリーがいくつかあって、それぞれ独立したストーリーなので好きな順にプレイすることが出来ます。

慣れてる人なら4、5時間程度で一通りクリアすることが可能なぐらい短いです。

ただ、マップ上には収集要素が散りばめられていたり、チャレンジ要素もあったりするので、コンプリートを目指すならそれなりに長く楽しめますね。

あとは、100年前に現実に起きた第一次大戦がベースのストーリーなので、当時どういった戦争があったのか知るのに役立ちます。

FOV値(視野角)がPS4版でも変更可能に!スピーディーな操作感覚が実現

今まではPC版じゃないと出来なかったFOV値(視野角)の設定ですが、今作ではPS4版でも可能になりました。

視野角を広げるとより広範囲を視界に捉えることが出来るので索敵に役立ちます。

また、視野角が広がると移動スピードが上がったように感じるようになります。国内トップランカーのダステルさんの動画を見るとデフォルトよりも足が速く感じるかと思います(あくまでも早くなったように感じるだけで本当に早くなるわけではありません)。

ただ、FOV値を上げ過ぎると視界が歪んで3D酔いの原因になるのでほどほどにすることをオススメします。

BF4と比較してどちらがオススメか?

BF1とBF4はシステム的に似たゲームなので、どちらがオススメかは「世界観の好みによって変わる」と思います。

BF1は100年前の第一次世界大戦が舞台になっているのに対し、BFは少し未来(2020年)の架空の戦争です。

時代設定が100年違うので、当然扱う武器や兵器も大きく異なります(BF1は100年前なのでハイテク兵器など存在しません)。

個人的には現代戦がベースBF4の方が楽しかったですね。初心者の私にはBF4の武器や兵器の方が扱いやすくて戦績も残せたんです。やはり勝てた方が楽しいわけです(笑) あとは、日本人は一般的に第二次世界大戦ほど第一次世界大戦に関心が無いと言うのもありますね。

ただ、グラフィックの美しさや、プレイヤーの多さはBF1の方が圧倒的に多いので、これから購入するならBF1をオススメします(発売から3年経つPS4版のBF4もまだ2万人プレイヤーがいるので十分遊べます)。BF1が面白かったらBF4を購入してみてはいかがでしょうか?

バトルフィールド1の得点

88 / 100
グラフィックス ☆☆☆☆☆
このグラフィックで60FPS維持はPS4の到達点と言っても過言ではないレベル!
サウンド ☆☆☆☆☆
まるで実際に戦場にいるかのように錯覚するぐらい、立体的に銃声や叫び声が響き渡る感じがリアル
熱中度 ☆☆☆☆☆
マルチプレイの中毒性はヤバ過ぎ!延々と遊んでいられる
ボリューム ☆☆☆☆★
「長く遊べるか?」という意味では星5つだが、キャンペーンモードの短さでマイナス1
遊びやすさ ☆☆☆★★
FPSとしての操作感覚は抜群。しかしメニューの切り替えがもたつくのは改善が必要。また、FPS初心者はそれなりに覚えることが多いのである程度の覚悟が必要かもしれません。

バトルフィールド1はオススメか?

個人的にBF1は欠点らしき欠点が無いゲームだと思いますが、ただ1つだけ注意があります。

それは実質マルチプレイ必須であるということです。一人(オフライン)でも遊ぶことは出来ますがキャンペーンだけです。そして、キャンペーンが非常に短いので、マルチプレイをやらない人はガッカリすると思います。

それ以外の人には文句無しにオススメ出来る作品です。ホント、時間泥棒といった感じで、夜が明けるまでマルチプレイを繰り返してしまう中毒性があります。余裕で1年、2年遊べるぐらいハマリます。

最後に人気ゲーム実況者である弟者さん、兄者さん、おついちさんのプレイ動画(PS4版)を紹介します。プレイしているのは新モード「オペレーション」ですね。ボイスチャットで連携するとより一層楽しめるという良い見本ですね。

#9【FPS】弟者,兄者,おついちの「バトルフィールド 1 マルチプレイ」【2BRO.】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?