姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2014年01月17日

LaVie Z がフリスビー出来そうなくらい軽い件ww

 

lavie_z2

個人的にPCといえば10年くらい前まではNECや富士通でしたが、最近はBTOで購入することが多くなりました。PCにある程度詳しい人ならBTOで購入する人が大半かと思います。コストパフォーマンス良いですからね。

BTO
マウスコンピュータードスパラなどで採用されているユーザーが構成を自由にカスタマイズできる販売方法。不要なソフトやパーツを除外できるので、大手メーカーの半額近い価格で同等の性能のPCが購入できる場合もあります。ただ、PCケースのデザインがダサい。特にドスパラ。その分、他より安いですけどね。

そんな私が一目ぼれしたのがNECの新型LaVie Z
10年間BTO一筋だった私が一目ぼれした理由とは?
(ちなみに私が使っているのは今回発売したLaVie Zではなく2012年に発売したモデルです。基本コンセプトは新モデル同じなので相違点等を紹介します。)

LaVie Zを紹介する前に私が過去に使っていたNEC機を紹介します。

10数年ぶりのNEC機です。以前はValuestarNXを使っていました(リンク先はマイクロタワーですが実際使ってたのはミニタワー)。Pentium2 400MHz、メモリ64MB、HDD13GBとか今では考えられないくらい低スペックなのに30万円以上した気がw はじめて買ったPCということもあり当時はPCの使い方を全く知らなかったので宝の持ち腐れでした・・・(笑)

当時はまだダイアルアップでネット接続してましたね。まだ高校生だった為、1ヶ月5時間の制限でエロ画像を漁ってたと思いますw ダイヤルQ2とかも流行りましたね。エロサイト見て「高額請求がきたらどうしよう・・・」なんて冷や冷やしたものです(笑)

その2、3年後に購入したPCもValuestarNX。価格は10万円台とかなり安くなったのに性能はPentium4 1.5GHz、メモリ256MB(確か1GB×2に増設した気がします)、HDD80GBと飛躍的に性能アップ!

この頃からADSLによるインターネット接続が普及し始めましたよね。ブロードバンドが世界で最も早く浸透したのは実はお隣の韓国なんですよ。知っていましたか?その名残か現在国内でプレイされてるPC向けオンラインゲームの多くが韓国製です。

この頃のPCの進化には目覚しいものがありましたよね。僅か4、5年でCPUのクロック数やメモリ容量が10倍くらいになりましたからね。

世界最軽量795g!タブレットを持ち歩く感覚で使えます!

私がLaVie Zに一目ぼれした一番の理由がその軽さです。

もうね。なんか、とってもエアリーな感じなわけですよ。
強風に煽られればそれこそ空を飛ぶくらい。

13.3型のノートPCでは世界最軽量の795g。薄い・軽いノートPCの代名詞であるApple MacBook Air(13型モデル)ですら1.35kgあるのでどれだけ軽いかお分かりになるかと思います。ちなみに初代iPad(3G対応モデル)の重量が730gなのでほとんどタブレットに近い重量なんです。

私が使っている前モデルのLaVie Zは875gなので新型には及ばないのですがそれでも十分軽いです。力の無い女性でも指2本で持ち上げられるくらい軽いんですよ。

ちなみにLaVie Zを持ち運ぶ為のカバンですが、本皮のカバンだと1kgを超えるものも多いのでノートPCよりカバンのほうが重いというおかしな事態に。軽さを実感するためにナイロンの安いカバンに買い換えました(笑)

また前モデルは軽い分、剛性が少し心配だったのですが、材質も変わって頑丈になったようですね。

IGZO搭載の高精細ディスプレイで抜群の作業性

私が使っている前モデルのLaVie Zでは1600×900と13.3型ノートPCとしては結構なスペックだったんですが、新モデルではIGZO搭載で2560 x 1440と超高精細に進化しました。前モデルは画面が少し白っぽい感じでしたがそれも改善されているようです。

また、解像度が大幅に増えても消費電力は減少させることに成功しています。あくまでLavie Zのコンセプトは世界最軽量なのでバッテリーの持ちは長くありません。公称でバッテリー駆動14.5時間とありますが普段使いで3~4時間程度でしょう。それでも十分な持ちだと思いますけどね。

ゲームプレイや制作の用途にも使えるくらい快適な動作

こちらのサイトでFF14やドラクエXのベンチマークを実行していますが、それなりに快適に動作するようです。

ちなみに私はAdobe Creative Suiteを入れていますが問題なく動作しています。むしろSSD搭載なのでデスクトップPCよりも起動が早い!OSの起動はわずか十数秒ほど。メモリは4GBと少なめなのでハードな使い方は厳しいですが。普通にWEBデザインをする程度であれば難なく使えるレベルです。

決め手はやはり軽さ!一度は体感してみる価値アリ

ノートPCなのでデスクトップPCに比べたら性能が劣るのは仕方ないのですが、それを上回るくらいこの軽さは魅力的です。ほんとエアリー(エアリー言いたいだけです)。

正直NEC見くびっていました。こういう部品単位の細かなこだわりは日本人ならではって感じですよね。これからも良い製品を作り続けていただきたいものです。

ちなみにこのLaVie Z、表記方法がLaVie ZとLaVie G タイプZの二通りあるのですが、前者はカタログモデルで後者はカスタマイズモデル(ネット通販限定)だそうです。

Lavie Zのご購入は以下かNEC Directをご利用ください。
Amazonの商品説明では重量が1.6kgとなっていますが、バッテリーや外箱などを含めた重量ですね。PC本体は795gなのでご安心ください。ちなみに下側のモデルがCPUとSSDが強化されたハイエンドモデルになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?