姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2016年03月14日

PS4ディビジョンのソロプレイが難しい!?ソロを比較的簡単に攻略する方法

 

先日PS4やPCで発売されたディビジョン(The Division)。本作はマルチ協力プレイが楽しい作品ですが、「ソロでじっくりと遊びたい」という人も多いはず。

しかし、ソロで遊んでいる人の声を聞くと、

  • 敵が堅過ぎる!
  • 一発で瀕死状態になる!
  • 敵の数が多くて対処しきれない!

というように「激ムズ」だと思っている人が多いようです。

実際、私もソロプレイヤーなんですが、推奨レベル10ぐらいからメインミッションがかなりキツくなってきたんですよね。

そして、あることに気付きます。

作戦基地やセーフハウスにあるJTFオフィサー状況ボードの存在です。

JTFオフィサーと状況ボードは必ずチェックして、サイドミッションとエンカウントを解放しよう

作戦基地やセーフハウスに必ず存在するJTFオフィサーと状況ボードですが、これらをチェックすることでサイドミッションとエンカウントが解放されマップに表示されます(チェックしなくてもマップに表示されないだけでプレイは可能かも?)。

当初私はJTFオフィサーと状況ボードの存在をガン無視し続けていたので、ほとんどサイドミッションやエンカウントをプレイしていなかったんです。その結果レベルも上がらず、低レベルでメインミッションに挑まざるを得ませんでした。で、惨敗。

しかし、JTFオフィサーと状況ボードをチェックして、サイドミッションとエンカウントを優先的にこなしていくと、メインミッションを推奨レベル+2ぐらいにまで成長した状態で挑めるので、だいぶ余裕が出てきます。

武器や防具などの装備品はその時点で装備できる最高レベルの物を!

ディビジョンは戦闘自体はTPS(シューティング)であるものの基本はRPGです。なので、装備品はかなり重要です。

例えばドラクエでいつまでも「こんぼう」や「たびびとのふく」を使ってはいられないように、ディビジョンでも低レベルの装備をいつまでも使ってはいられませんん。むしろ、ドラクエ以上に装備品が重要かも知れません。

装備品が強ければ固い敵も簡単に倒せるようになるし、敵が接近する前に倒し切ることも可能になってくるので、難易度がだいぶ変わりますよ。防具を強化すればダメージもかなり軽減されますしね。

また、装備品は「特殊」以上のランクの物を積極的に手に入れることが大切です。これでだいぶ攻略が楽になります。「特殊」装備は街中に落ちていたり(サイドミッションの道筋で手に入る物も多いです)、強敵がドロップしたり、クラフトしたり、ショップで購入することが出来ます。

「銃器」の数値に補正がかかる装備にすれば、これまでの2倍、3倍のダメージが与えられるようになるので、敵が溶けるように倒せるようになります。装備品次第では序盤よりも中盤・後半のほうが簡単になる場合もあります。それぐらい装備は重要です。

ちなみに武器は個人的にはライトマシンガンかアサルトライフルがオススメですね。中盤ぐらいまでは何使ってもOKですが、後半はショットガンやマークスマンライフルだと攻撃が間に合わなくなります。

沢山手に入る「標準」以下の装備品は、どんどん売るか分解してお金や素材に換えてしまいましょう。

武器MODや装備MODも重要!

ディビジョンにはMODと呼ばれる要素がありますが、これはいわゆるアタッチメント、拡張機能のことです。

武器MOD(スコープ、マガジンなど)はかなり早い段階で手に入るので、ちゃんと利用している人も多いと思いますが、装備MODの存在に気付かず装備してない人が多いと思います(私がそうでした・・・)。

MODを装着するには「スロット」が1つ以上必要です。「特殊」以上の装備じゃないとスロットが無いので(おそらく)、ショップなどから積極的に「特殊」以上の装備を手に入れましょう。

また、MODにはスキルに装着するスキルMODも存在します。これは最初はロックされていますが、作戦基地を成長させていくことで解放されていきます。

まとめ

ソロプレイをする上で大事な事をまとめると、

  • セーフハウスについたらJTFオフィサー、状況ボードを確認すること
  • 難しいメインミッションの前に簡単なサイドミッション、エンカウントをこなしレベルを上げておく
  • 装備品やMODをは自分のレベルと同等なもの、「特殊」ランク以上のものを選ぶ

この辺りを徹底していけば、ソロでも普通のTPSやFPSぐらいの難易度で遊べますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?