姉妹サイト:affiliate.ks-product
雑記
このページではゲーム・商品などのレビューやニュースの感想をご紹介!
2016年04月10日

ダークソウル3が難し過ぎて進めない初心者にオススメの素性(職業)と育成方針と立ち回り【攻略テクニック10ヶ条】

 

darksouls3-beginner1

ダークソウル3、激ムズですよね。。。

おそらくシリーズ最高難度だと思います。
最初のボス(チュートリアルを除く)に辿りつくまでに何度死んだことか。

今回は行動パターンが読み難い強敵(亡者に黒い怪物が憑りついたヤツとか)が序盤からいたりしてホントきついですよね。ロスリックの騎士も強いですし、大斧や斧槍を持った亡者も地味に強い。

そんな悩める初心者の為に、序盤を極力簡単に攻略出来る様にする為のステータスの割り振りや素性(職業)、最初に貰える副葬品(アイテム)は何が良いのかなどを解説していきます。

1.ダークソウル3は盾ゲーなので素性は騎士を選ぼう

まず最初にプレイヤーは素性選びで悩む事になるわけですが、初心者にオススメなのは騎士ですね。理由は装備品が充実している点と有用なステータスが最初から高いからです。特にダメージカット率100%の盾を最初から使えるのは大きいですね。

魔法使いとか呪術師は安全に遠距離から攻撃出来るものの、時には近距離戦も必要になるので覚え無ければいけない事が多いんですよね。そして、撃たれ弱い。だから初心者にはオススメできません。回避重視の盗賊や二刀流の傭兵なんかも初心者には扱いにくいので、慣れるまではオススメできません。

優秀な盾があるとガードをしながら相手の行動を観察する事が出来るので、突破口を見出す事が容易になります。

2.最初に貰える副葬品は「炎の貴石」がオススメな理由

ゲームを開始する際、副葬品として1つだけアイテムが貰えますが、「炎の貴石」を選びましょう。これは、武器を炎属性に変質する素材です。

通常、武器は筋力や技量といった能力補正が付くのですが、「炎の貴石」で変質させた武器は補正が付きません。その代わりに炎ダメージが追加されます。炎が弱点の敵は多いのでかなり使えますよ。

そして、能力補正が付かないということは筋力や技量を上げる必要が無いということです。だから他のステータス上昇にソウルを使うことが出来るわけです。

3.武器は騎士の初期装備でもあるロングソードで十分!

武器の種類がとにかく豊富なのがダークソウルシリーズの魅力ですが、初心者には癖が無く扱いやすい直剣がオススメ。騎士が最初から装備しているロングソードで十分です。

このロングソードを鍛冶屋に持っていき「炎の貴石」を使って「炎のロングソード」を作ってもらいましょう。炎のロングソードは初期状態でもかなり強く、鍛えればラストまで使えます!

4.序盤の育成は「生命力」に一極集中しよう

とにかく死ぬことが多いダークソウル3。HPが少ないと何もしないで死ぬことも珍しくありません。また、HPが少ないとエスト瓶に余裕があっても少しダメージを受けただけで回復しないといけないので、「回復してばかりで攻撃する暇が無い」なんてことになりがちです。

そこで、生命力が30ぐらいになるまではひたすら生命力だけを強化することをオススメします。

すると、HPに余裕が出来るので回復の頻度が減り、その分攻撃したり、相手の行動パターンをみる余裕が出てきます

HPだけじゃなく攻撃力も上げたい?

その必要はありません。その為の「炎の貴石」であり、「炎のロングソード」なんです。先ほども言ったように能力補正が無いので筋力や技量を上げる必要が無いんです。なので存分に生命力(HP)アップにソウルを注ぐことが出来るというわけです。

生命力が30超えたあたりから他のステータスも上げていきましょう。個人的には重い大盾を装備する為の「筋力」、総重量上限を増やす「体力」が初心者にはオススメです。

5.スタミナ管理が重要!盾は必要な時だけ構えた方が良い

いくらHPが高くても連続して攻撃を受ければサクっと死んでしまうのがダークソウルです。だから盾は重要です。

騎士が最初から持っている盾は物理攻撃であればほぼほぼ100%防ぐことが可能です。

ただし、スタミナがあることが前提条件です。

スタミナが無くなればガードどころか、回避や攻撃そして走ることさえも出来なくなります。だからスタミナ管理は重要です。

盾はとても頼りになりますが、構えている間はスタミナがほとんど回復しません。なので、盾は「敵の攻撃が来る!」と感じた瞬間に構えるようにして、普段は構えずスタミナ回復に専念すると死ぬ確率は減ると思います。

6.常に相手の背後に回り込むように動くこと

基本的に敵は後ろ側に攻撃出来ないので、敵をロックオンして敵の後ろ側に回り込むように移動すると、敵が攻撃を空振りして隙だらけになることが多いので倒し易くなります。

また、これはケースバイケースですが、回り込む際は盾を構えない方が移動速度が速いので後ろを取り易くなります。ローリングを併用しても良いと思います。

これは雑魚、ボス関係なく有効な戦い方なので習慣付けましょう。

7.常に1対1を心がけること

ダークソウルでの基本戦術は1対1で戦うことです。1体ずつおびき寄せて戦うようにしましょう。

1対多だとレベルが高くても序盤のネズミにさえ負けることがあります(笑)

初心者に限って無理やり敵陣に突撃して返り討ちに遭ってるように感じます。

敵の配置を覚えて1体ずつ確実に倒していくことが攻略の近道です。

8.ボス戦はガードすべき攻撃、回避すべき攻撃を見極める事が重要

ボスクラスの敵は盾では防げない攻撃を繰り出してくることも多いです。当然、盾を構えていては死ぬだけです。

ガードで防ぎきれない攻撃には前兆があり、動きも大振りで回避しやすくなっているので、相手の動きをよく見て回避しましょう。

「ガードすべき攻撃か?回避すべき攻撃か?」をしっかりと見極めればボス戦はだいぶ簡単になります。

9.総重量70%以上で回避が困難に!

ダークソウル3には重量の概念があり上限が決まってます。重量は100%以内に収めれば良いというものではありません。

総重量70%を超えるとローリング(回避)が極端に鈍くなり、相手の攻撃を避けることが困難になります。

ボス戦などでは回避はほぼ必須なので、重装備でも70%未満をキープするようにしましょう。

10.最終手段として霊体を召喚しよう

「残り火」を使い、炎をまとった状態であれば霊体を召喚することが可能です。最初から呼んでしまうと攻略する楽しみが無くなってしまうので、「どうしても攻略できない」という時にだけ呼ぶことを推奨します(呼び出す相手が上手いと戦わずしてボスに勝利なんてこともありますからね)。

また、オフラインプレイでもNPCの霊体が呼べます。呼び出せる場所は基本的にボスエリアの直前ぐらいに召喚サインがあります。ただし、イベントの進行状況によっては召喚サインが無いこともあるので注意が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポートフォリオ
rssを購読
こちらの記事もいかがですか?